もち食べたい。

とうふのとうふによるとうふのための記録

関ジャニ∞クロニクル いきなりドッジ性格テロップまとめ(2016年度版)

関ジャニ∞クロニクル内のコーナー、いきなりドッジの性格テロップをメンバーごとにまとめてみました。第二弾。(2016.4~2017.3放送分)

 

放送回↓

2016.04.02 第8回(ゲスト 勝村政信

2016.06.04 第9回(ゲスト 小籔千豊

2016.06.24 第10回(ゲスト 波瑠)

2016.08.27 第11回(ゲスト 上地雄輔

2016.10.08 第12回(ゲスト 佐藤健

2017.01.03 第13回(ゲスト 生田斗真瑛太

2017.02.18 第14回(ゲスト ヒロミ)

 

横山裕

第8回

・大先輩相手に気遣いゼロ

・無礼極まる発言「ただのオッサン」

・大失言 温和な勝村の機嫌を損ねる

第9回

・地獄 次から次に襲う悲劇(食堂までパシられる、帰ってきたらボール当てられそうになる)

・パシリキャラからの奇襲失敗

・自業自得 顔面アウトで無惨な最期

第10回

・波瑠とかなり距離が近い?

・波瑠との間に波風を立てたくない

・屈辱 トリッキーに仕留められる

第11回

無人島でピンチでもぼけっと口を開いている?(上地の関ジャニメンバーのイメージ)

第12回

・密着度強めのバックハグ「好きやで」

・横山の必殺技「当てにいく」

第13回

・村上と横山は同期愛で生田を助ける

・いつでも全力ナンデス(TKGの食レポ「うまっ!!めっちゃくちゃ濃厚やな!!」

・リアクションも全力ナンデス

第14回

・二人羽織のルール無視

 

渋谷すばる

第8回

・ボールを持つとテンションMAX

・姑息な大倉&丸山が許せない

第9回

・欲しがり 生温いのが許せない

第10回

・隙だらけ 不意打ちに呆然

・どうせなら派手に仕留めてほしい

・無意識のダジャレでガチ照れ(「すギョい」)

・錦戸の不意打ちがトラウマ

・度重なる裏切りで人間不信に

・渋谷のキャラが崩壊する事件発生(超かわいい顔で大好き!&投げキッス)

・渋谷と村上は年長組なのにジタバタする

・罰ゲームのフルコース 無惨な敗北(この後波瑠ちゃんにディスられます...)

第11回

・よくみる光景「秒殺」

・錦戸にカモにされやすい

・幸運?激辛カレーパンが不発

・渋谷も開通 辛さと尻の連動システム

第12回

・ツメが甘い まさかの負の連鎖

・墓穴の堀り方はもはや芸術的

・ショックで顔面フリーズ 早速2アウト

佐藤健と渋谷は途方もない心の距離(ニックネームを決めるくだりで、「渋谷さん。」と言われる)

第13回

・アイドルとして一周回っている(「オレ何にもこわいもの無いからな。なに言われてもええからな。」)

・渋谷のディフェンス「卵持ってるから」

・卵はセーフだが渋谷はアウト

・没頭しすぎて立入禁止区域へ

・渋谷も優秀なオス 立入禁止区域に大胆侵入

・安田は熱い泣き芝居 渋谷はガチ涙を披露

第14回

・大先輩相手にしれっと仕掛ける(ヒロミに酸っぱい水を渡す)

・渋谷のディフェンス「行儀悪いやん」(お箸持ってるから)

・大御所の聖域でも神の手炸裂

・渋谷(35)を襲う 小学生ならではの悲劇

 

村上信五

第8回

・とことんバラエティ きれいに引っ掛かる

第9回

・アウト以上のダメージを喰らう(ボールが頭に落ちてくる)

・ガチ抵抗 小籔に噛みつきたくない

・しぶとさ神レベル 恐るべき生命力

第10回

・身体能力は斜め上を行く

・天然はもっと斜め上を行く(村「当てられたくない人ーー!!!!」村「はーーーい!!!!」)

・村上は次世代アイドル 基本NGなし

・渋谷と村上は年長組なのにジタバタする

第11回

・村上は無人島からの生還をネタに一儲け?(上地の関ジャニ∞に対するイメージ)

・村上の最強護身術「旗包み」プロゴルファー猿

第12回

・村上と佐藤健の2ショットは違和感しかない

・霊長類ヒト科「ムラカミ」

・現実主義 身の程をわきまえたビジネス交渉

・村上も出来る子 期待を裏切らない

・おじいちゃん? スマホにしどろもどろ

・兄貴と呼ばれてご満悦

・兄貴ぶりたいのにダサすぎる(はずれボールだった)

・実の弟よりも佐藤健を溺愛

・兄貴気分で謎のモード突入

第13回

・村上と横山は同期愛で生田を助ける

・ドS ムチャぶりの鬼(「最後バナナの皮ですべって」)

・昭和のどぎつい関西弁「あほんだら」

第14回

・下克上 振りかぶって投げました

・全力でNOと言える後輩

・村上のディフェンス「待ってや!!!」

・お気の毒 不幸が大渋滞(当てられた上に腰ピキッた)

・不幸は続く 謎のノリに突入

・三重苦で味わい深い「やだー」(痛い 辛い オネエ)

・四重苦で一周してオッサンに(+酸っぱい)

 

丸山隆平

第8回

・大倉にちょっかいを出すのが大好き

・呆然 完全なる不意打ち(青春モードの錦戸に当てられる)

・悪事がすぐバレて痛い目に遭う(青汁を隠して大倉&錦戸のを飲まされる)

・屈辱的に仕留める天才

・自業自得 ショボすぎる幕切れ

第9回

・丸山の扱いは見ていると寂しくなる?(小籔「扱い雑すぎません?」)

・丸山は2人がかりの当番制でカバーするべき?

・計算ゼロ シンプルに自由奔放

・本番中に顔面が引きつる(錦戸に説教くらう)

・不安定? 本番中に反省

・大真面目 悩みと葛藤する毎日

第10回

・波瑠に気に入られたい?

・スケベ心が隠せない

・逃げる女子にも容赦なし

・瞬殺 オヤジギャグの引責アウト(「ハトロール」)

・独特の世界観に周囲を巻き込む

・丸山にも受け止められない時がある

・強運の持ち主 ミラクルキャッチ

第11回

・丸山は無人島で超ベタな「助けてくれ~!」(上地の関ジャニ∞に対するイメージ)

・丸山と大倉の足の引っ張り合いは恒例行事

・丸山のターゲットはいつだって大倉

第12回

・ゲストの宣伝になぜか協力的

・嘘が秒でバレる

・以外と策士 嘘を使い分ける

・やっぱり悪人を演じ切れない

・後輩錦戸に飼い馴らされている

・弱点を見逃さない 錦戸と形勢逆転

第13回

・正月SPなのに省エネモード?

・こじつけでカモにされる

・錦戸(32)と丸山(33)は上下関係が逆転する変な仲

第14回

・斬新すぎるMC 毎回事件を起こす

・錦戸をおちょくるのが大好物

・マヌケな錦戸が大好物

 

安田章大

第8回

・ボール運ゼロ

・安田の表情はもはや漫画

・史上最も静かにボールゲット

・安田は斜め上を行く 本来のドッジがしたい

・怖いもの知らず 自ら渦中に飛び込む(横山のどんだけ-!にノる)

・安田は傷ついた横山にとっては救い

第9回

巻き込み事故 丸山の餌食に

・ハグに抵抗ゼロ 男女を特に意識しない

・安田のさぶい名言「同じ生命体やから」

・安田は乳を感じている? 毒舌で血祭り

第10回

・即泣きで同情を買う 記録は20秒

・純粋 シンプルに当てられたくなかった

・心の声が大音量で漏れる

第11回

・油断すると森進一さんに

・テンパるともはや漫画

第12回

・安田は技の宝庫「おねだりフィンガー」

・安田もなぜかハイテンション(佐藤健のミッション中)

第13回

・安田は熱い泣き芝居 渋谷はガチ涙を披露

 第14回

・珍プレイしか起こさない

・無邪気 催眠術をかけられて大喜び

・超絶ピュア 秒でグッスリ

・安田のグッスリ催眠術は鉄板

 

錦戸亮

第8回

・バラエティなのにガチギレ

・大倉に何かにつけて巻き込まれる

・熱血系 まさかの青春モード(「お前、俺に向き合ってくれた。」)

・知能犯 ノールックで狙撃

・丸山にやたら強気

・最悪なタイミングで不正発覚(丸山にしれっと自分の青汁を渡したことがバレる)

・言葉が出なくなると足が出る?

・大倉の姑息な行為を見逃さない

・見事にボール命中 ある意味アウト(頭に落ちてくる)

第9回

・心の底から新喜劇をリスペクト

・自然な入り方で姑息な提案

・マイペース 先輩丸山に「オマエ」

ドッジボールの最中にドラゴンボール(ダサいあたり方がフリーザのポーズに)

・天然?こすったら100%アウト

・被害者ヅラの丸山先輩を大説教

・人見知りすぎてゲロ?(主演ドラマの番宣はゲロ吐きそうらしい...)

・主演なのに気配を消す

第10回

・付き合いも言い訳も下手(錦「次共演したらはるちゃーん!て呼ぶよ」波瑠「打ち上げでも一緒のこと言ってた!」)

・断固巻き込まれたくない

・年上丸山をガチ説教(「なんで俺ばっか見てんねん。俺見んなよ」)

・支離滅裂 かすったら100%アウト(「俺今当たってないで。なんかちょっとだけ手にかすった...」)

・ある意味驚愕のビフォーアフター(おもしろメガネ)

・渾身のボケアイテムで元通り(大倉「亮ちゃんから亮ちゃん!!」)

・史上最低カロリーでミッションクリア

第11回

・上地との思い出が薄っぺらい

・死んでもモノマネがやりたくない

・注意散漫?また飲み物をこぼす

・水難の相?水の災いに注意

・錦戸がこぼすのは三度目 水難の相確定

・錦戸の笑顔は束の間 わずか9秒

・水まみれ 満場一致で水難の相

・水難の果てにボールも受難

・心優しい安田から見ても格好の餌食

第12回

・極度のビビリ すでにパニック

・意味不明 謎のネコ発言

・かわい過ぎる 丸山のオモチャ

・防衛本能で記憶消去?

・まるで漫画「うわあああ!!!」

・錦戸のリアクションは鉄板 みんなに弄ばれる(蛇のおもちゃを投げられる)

・地味な努力をするタイプ(慣れるために蛇のおもちゃをずっと持っている)

第13回

・錦戸も大倉も同じ穴のムジナ 仲間を見捨てる

・シュッとしてるが極度のビビリ

・錦戸のノリはもはや中学生

・錦戸の斬新グルメレポ「割れへん」

・カオス 自家製隠し味(鼻水が出てえらいこっちゃ)

・渋谷が大好物 猟奇的スマイル

・錦戸(32)と丸山(33)は上下関係が逆転する変な仲

・屈辱 丸山に仕留められアウト撃沈

・前代未聞 ゲッツが嫌すぎてガチ涙

第14回

・シュッとしてるが極度のビビリ

・バラエティなのに先頭モード

・ビビり過ぎの自分にビビる

 

大倉忠義

第8回

・大先輩相手にドタキャン

・大先輩相手に音信不通

・横山に華麗なる責任転嫁

・アンチ錦戸ムードをあおる

・人間として腐っている??(丸山「ほんま人間として腐ってんなあww」)

・大人に成長 丸山と仲直り

・口汚くディスる「クソ野郎」

・大倉の裏切りは癖のレベル

・珍しく人助けする時は恩を売り倒す(青汁を飲まされそうな丸山に対して「飲もうか?」)

・テンパると小学生レベル

・ボールを手にしたら凶暴化

第9回

・見かけによらず切れが悪い(悪口を言うのにウジウジ...)

・ディスりは切れ味最高(小籔に対して「クセ毛ノッポ」)

・大倉のディスりに小籔も撃沈

第10回

・本性が出ると友達をなくす?(渋谷「普段そやったらお前友達おらんわ。」)

・一番年下なのに気遣いなし

・しれっと仕掛けるプロ

第11回

・心理の裏をかくのが巧妙

・占い&オネエの才能 ダブルで開花?(「水難の相が出てるわ」)

・大倉のオネエも開花(「ちょっとアンタお祓い行き!」)

・手クセの悪さはプロ級

・ドS 傷だらけの錦戸を仕留める

・丸山と大倉の足の引っ張り合いは恒例行事

・真実を見抜く心眼も開花

・大倉の最強護身術「ケツで迎える」

・謎の辛さと尻の連動システム

・大倉の辛さと尻の連動システムに狂いなし

・最期も個性爆発ヘンテコポーズ

・最悪の相「かわいそう」(辛い痛い臭いの3拍子)

第12回

・ボールを当てることしか考えていない

・ツメが甘い 悔やまれるワンバン

・どさくさに紛れてちゃっかりチェック

・圧が強い 目がバキバキ

・大人なのに痛すぎてガチギレ(そこそこハードな足つぼマッサージ)

・破天荒 収録中に帰る

第13回

 ・チクって関係をこじらせる

・錦戸も大倉も同じ穴のムジナ 仲間を見捨てる

第14回

 ・クセ者 ヒロミにちゃっかり媚びる

・大倉のディフェンス「理由言ってよ」(「ちゃんとした理由じゃないと俺は当てられたくない」)

・謎の痴話喧嘩のオンナ口調

・古典的ゲームの恐ろしさに絶叫

 

↓3アウトになった人

第8回 丸山 関ジャニの中には心臓の毛ボーボーが2人いることが判明

第9回 横山 丸山は本番中で反省するのに横山は謝罪中でも反省しない

第10回 渋谷 波瑠は靴下を重ねて履くよりも悪女になってディスるほうが猛毒が大量に出る

第11回 大倉 大倉は謎多きその尻ですべての事件の尻拭いまでして幕を閉じた

第12回 大倉 大倉の足ツボさいならや事件が佐藤健のツボにどハマり

第13回 錦戸 喜怒哀楽ワチャワチャな彼らが飛ぶドローンを落とす勢いで2017年最強のスタートをきった

第14回 安田 寝る子は育つ 安田は昔からお世話になるヒロミに成長する伸びシロを見せた